宝くじが当たる確率を分析|還元率から分かった意外な事実を暴露

宝くじが当たる確率

 

毎年年末になると、宝くじを購入するのを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。当たりがでた宝くじ売り場では毎年長蛇の列になり、多くの人達が訪れます。

 

何億も当たったら何に使おう?なんて考えたらドキドキしちゃいますよね。宝くじには当たる確率が存在するのでしっかり把握してからやるようにしましょう。

 

宝くじが当たる確率とは?

宝くじはどのような買い方をしていますか?実は連番で購入するよりバラで購入した方が当たる可能性は2.5倍も高くなることが分かっています。

 

連番で購入した場合前後賞もいれて当たるかもしれない確率は12パターンになります。それに比較してバラで購入すると30パターンに増えるので単純計算で2.5倍です。購入の仕方でも当選率が変わるとは驚きですよね。

 

宝くじの中でも当たりやすい順位として、1位はナンバーズ3、ナンバーズ4…と続き年末ジャンボが一番当たらないとされています。

 

宝くじで1等が当たる確率は1/10000000、ようは1000万分の1だとされています。数字だけみると具体性がわかりにくいのですが、人生において交通事故に合う確率よりも低いとされ、地球に隕石がぶつかる程度の確率に当たるそうです。

 

宝くじを少しでも当たるようにしたい!

宝くじが当たりにくいのは十分理解できましたが、少しでも当選率を上げたい!って思いますよね。そんな人におすすめの購入方法は縦バラで購入することです。縦バラで購入すると当選率が1.4倍あがるとされています。

 

宝くじの当選が出やすい売り場があると言われていますが、実際はそんなことはありません。金運が上がるとされる西向きに面している宝くじ売り場で購入すると縁起がいいとされます。

 

宝くじの当選率がここまで低いとは驚きですよね。ただ宝くじは夢を購入するものですから、年末の恒例行事として購入してみてはいかがでしょうか。

 

⇒今日中にお金借りるなら