ソーシャルレンディングでお金借りる?メリットデメリットを解説

ソーシャルレンディングの解説

「ソーシャルレンディング 」は新しい投資の方法として注目されています。ただし歴史的にも浅く情報が少ないことから、大丈夫なのか心配になってしまいますよね。

 

ソーシャルレンディングのメリット&デメリットはどのようなものなのでしょうか?

 

 

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、ネット上でお金を借りたい企業と、ネット上でお金を貸したい企業を結び付けるものです。2005年にイギリスのZopaが始めたものですが、現在は休止中となっています。

 

ソーシャルレンディングは、出資者(匿名組合員)が特定の営業者に営業のために出資します。その営業より生じる利益の分配を受ける契約をすることになります。

 

出資者と営業者の個別契約になる為、出資者間での利害関係は発生しないこと、出資者は匿名を使うことが出来るので投資リスクを抑えることが出来ます。

 

ソーシャルレンディングのメリットとは?

ソーシャルレンディングのメリットとすれば以下のような点があります。

 

・金利の金額が1%以下と言われる預貯金とは違い、金利の高い事業や不動産開発資金の融資になる為、利回りが高いことでしょう。2%〜高いもので10%の利回りを得ることが出来ます。

 

・1口数万円からの投資をすることが出来ます。複数の商品に投資することでリスクを分散できるのはとても嬉しいですよね。

 

ソーシャルレンディングのデメリットとは?

ソーシャルレンディングのデメリットには以下のような点があります。

 

・投資商品とされるため、原則として元本や配当金は保証されるものではありません。融資した先が販売できず、支払いが滞ると回収できずに元本を割ってしまい損になってしまうこともあります。セーフティーを設けているものも多くありますので始める時に、きちんと調べて投資するようにしましょう。

 

ソーシャルレンディングはまだまだ新しい方法ですのでメリット&デメリットを理解したうえで行いましょう。