年金担保融資でお金が借りれる?メリットデメリットを解説

年金担保融資

 

少し変わった借り入れ方法に年金担保融資をもとにした借り入れがあります。とはいっても年金担保融資の場合年金を受け取っていることが貸付の条件となります。

 

それは年金を利用して返済するのが基本となっている為です。そんな年金担保融資のメリット&デメリットについて紹介致します。

 

年金担保融資ってどんなもの?メリットとは?

年金担保融資は、年金を受け取っている人であることが条件となる為、貸付を行うには年齢の制限があります。

 

担保に入れることが出来るのは厚生年金や、国民年金、労災年金を入れることが出来ます。条件として年金の支給が全額停止されてないことや生活保護を受けてないこと、過去5年間に生活保護を受けてないなどの条件があります。

 

そういった条件をクリアすることが出来れば、年金担保融資の場合、金利も低いのでほとんどが借りたときの金額のままで返済することが出来ます。

 

年金担保融資には限度額があります!

貸付出来る金額には個人差があり、最高額は驚きの250万となります。

 

受給されている年員額の範囲内であること、1回あたりの返済額の15倍以内であることなどの条件がありますので、実際に年金担保融資を検討する場合、自分がどのぐらい借り入れることが出来るのか調べるようにしてくださいね。

 

年金担保融資デメリットについて知りたい

年金担保融資の場合、直接出向いて返済するわけではありません。年金支給機構から直接支払いが行われるようになりますので、手間はかかりません。

 

その分、年金が担保に取られている状態ですので、支払いが出来ないということがあれば年金が手元に入らなくなってしまうのでくれぐれも注意が必要です。

 

年金担保融資はとてもお得なものですが、くれぐれも返済が出来る範囲で借りるようにしましょうね。

 

⇒今日中にお金借りるなら