国の教育ローンでお金を借りる場合の審査や条件について解説

国の教育ローンでお金を借りる

 

お子様の進学などどうしても高額なお金がかかる時ってありますよね。何百万なんてお金すぐに用意出来るわけじゃないし…。そんな人の多くが「国の教育ローン」を使用します。

 

ただし誰でも簡単に借りることが出来ないものなので、条件など事前に確認する必要があるのです。

 

国の教育ローンでお金を借りる審査とは?

教育費を用意する場合、「奨学金」・「国の教育ローン」・「銀行教育ローン」の3種類になります。すべて良く知られている方法ですよね。

 

教育ローンは消費者金融や銀行ローンと比較すると金利が安く、比較的負担が少ないことから誰しもお子様がいれば検討するもの。教育に関することにしかお金を借りることが出来ないはもちろんですが、さらに教育ローンの場合条件があります。

 

・使用目的が大学や短大、専門学校で必要となる資金であること
・保証会社の承認が下りること
・前年度の年収が条件に足りていること
・勤続年数が条件に足りていること

 

などだとされます。教育ローンを受ける場所によってもこういった条件が違うので、事前に調べてから申請をする必要があります。年収の金額も勤続年数も実は必須条件なのです。

 

国の教育ローンでお金を借りる審査が下りない!

教育ローンの場合、他にも借り入れをしている場合やカードローンの返済が遅れたことがある人、勤続年数が短く正社員でない人、自己破産を過去5年の間にしていると審査が通りにくくなります。

 

こうなると教育ローンは諦める必要が出てきてしまいます。最近では「教育カードローン」というものも出ているので国の教育ローンが通らなかった場合、一度検討してみてくださいね。

 

いざ、入学が決まってからお金を借りられずに支払いが出来ないと困りますよね…。だからこそきちんと計画的にローンを組めるようにしておきましょう。