キャッシングの利用歴があると住宅ローンの審査が厳しくなるの?

キャッシングの利用歴と住宅ローン審査の関係

 

いざ、お家を購入しようと住宅ローンを組む時になって、過去のキャッシングがある人は審査が通るのか不安に思ってしまいますよね。

 

キャッシングの利用履歴があっても住宅ローンの審査を利用することは出来るのでしょうか。

 

キャッシングの利用歴は住宅ローンに影響するの?

過去にキャッシングがある場合、住宅ローンの審査に通らない場合があります。その理由は、キャッシングをする=お金に困っていると判断されてしまう為です。

 

また、現在も返済していたり、返済遅延を何度も起こしているとブラックリストに入ってしまい住宅ローンだけでなく、他のローンにも影響を与えてしまうことがありますので、くれぐれも注意してくださいね。

 

絶対に審査に通らないわけではありませんが審査の足かせになってしまう恐れはあります。返済を完了してから5年程経過しているとある程度は軽減されるようです。5年以上前だと利用履歴そのものが抹消されている可能性があります。

 

キャッシングの利用履歴の為に今の状況を見直そう!

キャッシングをしていた人で今も返済している人の場合、少額の借り入れであればそこまでの影響は与えませんが100万円単位で借り入れを行っている場合、毎月の返済額も大きくなり高額となる為、影響があると判断されてしまいます。

 

現在複数のローンを組んでいる場合は返済比率を下げることが大切です。1年間で返済するローンの総額があなたの年収の何パーセントに該当するのかを調べ、考慮する必要があります。住宅ローンを検討する時は一度ローンや返済しているものを見直すことが大切です。

 

住宅ローンは人生にとって大きな買い物です。だからこそ、ローンの審査を行う前にどうしたらいいのか一度見直してみてくださいね。

 

⇒今日中にお金借りるなら